個別指導のコーチング1

高校受験コーチング

高校受験対策を行う“発達障害・グレーゾーン専門”の個別指導塾・家庭教師

お子さんが発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム)・グレーゾーンでも、小学校のうちはご両親や担任の先生、特別支援教室・通級教室のフォローによって、問題なく学校生活を送れることも少なくありません。

しかし、中学校に上がると環境は大きく変わり、以下の4つのリスクが生じます。

中学校の4つのリスク
1.学級担任制でなくなり、担任のフォローが低下する
2.科目担任制になることにより、教師ごとの特性への理解や対応がばらつく
3.思春期による、親子コミュニケーションの困難
4.学習難易度や学習量が増加することによって、適応が難しくなる

コーチング1の高校受験対策

このようなリスクがあるため、発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム)・グレーゾーンのお子さんにとって、高校受験で苦労するケースが多いです。
特に公立の高校を受験する場合に、内申点が足を引っ張ることが多いです。(科目担当の先生によって発達障害への理解や対応がばらつくことが影響する)

さらに、「お子さんの発達の特性を理解すること」「特性に合った学習指導が行うこと」という発達障害指導のノウハウが必要となります。

高校受験では進学塾で学習するのが一般的ですが、画一的な指導を行う進学塾の集団授業では特性を持つお子さんの多くは苦戦を強いられます。(面倒見の良さを求めて、少人数制の塾や個別指導塾、家庭教師を利用したとしても、発達障害指導のノウハウがなければ、良い結果は望めません。)

また、他の発達障害専門塾では高校受験を想定した学習内容になっていないため、テキスト選びや志望校設定、内申点対策(定期テスト・提出物対策)、家庭学習の指示などが高校受験に対応した内容になっていません。(特別支援学校、通信制高校、フリースクール、チャレンジスクール等を想定した学習内容)

コーチング1では以下のポイントで高校受験コーチングを行い、発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム)・グレーゾーンのお子さんの志望校合格をサポートします。

発達障害の特性に配慮した高校受験対策の例

高校受験において、平面図形・立体図形の問題は公立・私立高校問わず、必須と言っていいほどの頻出分野です。
空間認知能力に弱点がある特性の場合、特に立体図形の問題で苦戦します。

空間認知能力に弱点がある場合、黒板やノート上の図形を立体的に想像することが困難です。
ですから、黒板やノート上でいかに丁寧に図形の解説を行なっても不十分なケースがあります。

その場合、実際に立体図形を作り、図形をまずは具体物として理解させます。
その上で、具体物とノート上の立体図形と見比べながら、徐々にノート上での立体図形の理解を深めていきます。

このようにコーチング1では一般的な学習塾・家庭教師ではできない特性に合わせた勉強方法の工夫が可能です。

お子さんの進学の可能性を広げる方法を私たちと共に見つけませんか?

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする