個別指導のコーチング1

市進学院対策コーチング

市進学院でこんなことになっていませんか?

・クラスが上がらない
・定例試験より外部模試の偏差値が悪い
・計画表の通りに勉強しても成績が上がらない
・質問室でうまく質問ができない
・家庭学習のやり方がわからない
・個太郎(個別指導)を受けているのに効果がでない
・志望校別の対策に不安がある
・ウイング(家庭教師)をつけているのに成績が伸びない

市進学院で上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことは市進学院生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
市進学院は面倒見の良さで評判の塾ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上の市進学院生をサポートしているコーチング1が、市進学院の特徴と対策コーチングを公開します。

千葉の雄!市進学院の強み

市進学院でつまずきやすいポイント

市進学院対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いたコーチング1なら、以下のような方針で市進学院対策コーチングを行います!
1志望校別の過去問対策 塾では行われない志望校別の過去問対策コーチングを行います。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。 この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けた対策コーチングを行います。
2より掘り下げた学習計画 計画表に書かれてある通りにベーシックトレーニング、ホームタスクを解くだけでは学力は身につきません。 判明した弱点や問題点をホームタスクだけでなく、必要に応じてトライアルシリーズの類題を利用して復習させます。
これらを盛り込み、塾の計画表よりも掘り下げた学習計画表を作成します。
3志望校・学力別の対策 難関・上位校を狙うのであれば、通常のカリキュラム+αのサポートを行います。
ホームタスクだけはなく、トライアルシリーズや定例試験を利用した復習の仕方を工夫し、通常授業では不足してしまうカリキュラムの質と量を補うようにカリキュラムをアレンジし、志望校合格へ導きます。
4質問室や個太郎の活用 質問室や個太郎(個別指導)を何の考えも無く利用しても成績にはつながりません。
質問室や個太郎を使うのであれば、「質問室ではどのテキストのどの問題をやるか」「チューターにどの問題を質問するか」「質問したものはどうやって復習するか」などを決め、有効活用できるようにコーチングします。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする