個別指導のコーチング1

知能とは

知能検査で測定される「知能」とはいったい何なのでしょうか。

ウェスクラー式知能検査では知能について、
「知能は目的を持って行動し、合理的に考え、効率的に環境と接する個人の総体能力」
と定義しています。
そして、知能を以下の4つの領域に分けています。

1.言語理解
言語的な情報や、自分自身が持つ言語的な知識を状況に合わせて応用する能力。

2.知覚推理
視覚的な情報を取り込み、各部分を関連づけて全体としてまとめる能力。

3.ワーキングメモリ
注意を持続させて、聴覚的な情報を正確に取り込み、記憶する能力。

4.処理速度
視覚的な情報を事務的に、数多く、正確に処理していく能力。

一口に知能といっても、少なくとも4領域があり、その総合した数値を「知能」としているわけです。
発達障害の疑いがある場合、総合値としての知能よりも、領域ごとの知能を確認し、得意・不得意のばらつきを把握することが重要になります。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする